まずは国家資格を獲得しましょう!

こんにちは。

私が、大阪府の経営事項審査が得意な、大阪市淀川区の行政書士オフィスNの長島です。

経営事項審査光速申請請負人の長島です。

今日も寒いですね。

外に出ると、随分と紅葉が進みまして、葉っぱが黄色や赤色になっていってます。

先日までめちゃくちゃ暑かったのに、信じられません。

季節の移り変わりなので、しっかりと体調管理をして、年末まで駆け抜けていきたいと思います!

さて、タイトルの件です。

経営事項審査の点数の要素として、技術職員が何人在籍しているかという項目があります。

たとえ、一人親方の建設業許可業者であっても、1名在籍ということで、その分の点数は評価されます。

そして、持っている資格等によって、点数が上積みされるという仕組みです。

経営管理者兼専任技術者の一人親方の事例で言いますと、

・10年実務経験での有資格登録

・2級施工管理技士の有資格登録

・1級施工管理技士の有資格登録

・1級施工管理技士の有資格登録+監理技術者資格者証及び講習修了証保有

が数多い事例になってくると思います。

点数としては、大阪府の経営事項審査申請では、技術者の在籍が点数化の大きな要素です。

・10年実務経験での有資格登録はZ点が1点

・2級施工管理技士の有資格登録はZ点が2点

・1級施工管理技士の有資格登録はZ点が5点

・1級施工管理技士の有資格登録+監理技術者資格者証及び講習修了証保有はZ点が6点

となります。

単純にこれらの点数が付くだけでなく、元請工事での売上が加味されて、さらに点数が延びる可能性があります。

となると、どうしても国家資格を獲得する方が、点数的に有利となりますので、国家資格取得を目標にすることが肝要です。

また、10年実務の場合ですと、基幹技能者になれる可能性もありますし、建設キャリアアップシステムのレベル3,4を獲得している可能性も出てきます。

基幹技能者や建設キャリアアップシステムのレベル4ですと、3点になりますので、10年実務の1点から2点加算されます。

このように、手元にあるあらゆる経営資源を集めて、レベルアップさせることが、点数アップに繋がります。

毎日の業務で忙しいとは思いますが、一度ご検討いただけたらと思います。

面倒な大阪府の経営事項審査申請は、経営事項審査光速申請請負人の長島にお任せ下さい。

ご依頼をお考えの方は、下記バナーからお問い合わせくださいませ。

大阪府の経営事項審査でお悩みの方は、今すぐ電話、メール、LINEでお問い合わせを。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA